お客様の安全を守るために下記の保安業務を行うことが、液化石油ガス法に定められています。保安業務は認定を受けた保安機関が実施する必要があり、LPガス販売店自らが保安機関の認定を受ける場合と、LPガス販売店が認定を受けた保安機関に委託する場合があります。

  • 供給開始時点検・調査
  • 容器交換時等供給設備点検
  • 定期供給設備点検
  • 定期消費設備調査
  • 周知(LPガスの使用上の注意点など、必要事項を周知する業務)
  • 緊急時対応(災害の発生など、消費者からの通知等に対する迅速な措置を行います)
  • 緊急時連絡(消費者からの災害の発生などの連絡に対して迅速な措置を行います)

花川保安センターではLPガス販売会社・販売店様から業務委託を受けて、液化石油ガス法に定められているLPガス設備の保安調査を実施しています。上記7項目の内定期供給設備点検(4年に1回以上、地下室等は1年に1回以上)と定期消費設備調査(4年に1回以上。地下室等は1年に1回以上)を行っています。

弊社では事前に、調査実施予定先のお客様宛てに LPガス保安調査のお知らせを送付したのちお伺いしますので、調査員がお客様のご家庭に訪問した際にはご協力をお願い致します。(調査にかかる時間は平均20分程度です)尚、調査員がご家庭を訪問する際には、身分証明書を提示します。また、その場での金銭の授受を行うことは一切ありません。

調査内容主な定期消費設備調査(4年に1回以上、地下室等は1年に1回以上)


漏洩・圧力等の検査中

  • ガス管の漏洩検査
    ガス配管内を加圧し、漏洩の有無を検査
  • ガスの圧力確認
    ガス器具を燃焼している時の圧力を検査
  • ガス器具の燃焼確認
    ガス器具を燃焼させて異常の有無を確認
  • 給排気設備確認
    ガス機器設置基準の適合性を確認
  • その他、書面・口頭による安全周知

ページの上部へ