エリア配送・最新ハンディターミナルの導入による効率化の推進

エリア配送システム

配送業務の合理化・効率化は必要不可欠な要素です。現在花川エネルギーセンターでは、「エリア配送システム」を展開しています。エリア配送システムとは、これまで各社が独自で構築していた配送エリアを統合し、再分割されたエリアへの配送業務を一元管理することです。
このことにより、ユーザー密度の高いエリアを配送できるようになると同時に最新のハンディターミナル導入によりミスの防止と作業の軽減化が格段に向上し、従来の配達時間・距離・配達量に比べると、飛躍的に配送業務を効率化できます。

エリア配送のもうひとつのメリットは、これまで以上に地域に密着したサービスの提供ができるようになることです。「より地域に密着したサービスを提供すること」これは業務の効率化以上に重要な要素です。
また、より細かなユーザーの情報を得ることができるため、災害の未然防止や緊急災害時の迅速な対応にも効果を発揮します。

ページの上部へ